七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記

『地域と歩み、市民と歩む。』39歳、地方議員の活動日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決算報告の制限改正を

おはようございます、山崎智之です。


1
(寒い)

先日書き込みました
外郭団体の決算報告についての制限

昨年の6月に内閣総理大臣の諮問機関である「地方制度調査会」
ここに決算報告の制限を
「出資比率50%以上」→「25%以上」
に改正するよう答申がありました。

当時の新聞でも「通常国会中に改正へ」ということでした。
(※ 平成21年6月15日・日本経済新聞)

でも何も変わっていない。。。
どうしたんです総務省…。

新潟県・香川県・愛知県蒲郡市などは独自で25%制限に改正しています。
七尾市もこのような問題が発生した以上、制限撤廃または修正を取り組むべきではないでしょうか?

議会がすべきことは責任問題云々ではなく、まず他の外郭団体の
経営状況の把握です。
同様な団体があるのか無いのか、議会が主体的に監督していくしかありません。

市議会を軽視することは、市民生活より行政の論理を優先することに繋がります。
市議会自ら改革するためには
議会権限の強化こそ、重要な取り組みです。

議員への情報提供なくして協力なし

<関連資料>
地方自治法第221条第3項
地方自治法施行令第152条第1項~第3項
第29次地方制度調査会答申


PS.九月議会で「行政の議会軽視は認めない!!」と述べたばかりなのに。。。

「改革一新。」ブログランキングにご協力を。
FC2ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 2010政治を語る | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地域の繁栄なくして国の繁栄なし

おはようございます、山崎智之です。

平成23年度予算案が閣議決定されました。

『市民生活』というのは根幹です。
地域は市民生活の重なりで成り立っています。

市民生活を支えることにより、地域や国が繁栄する礎を築くのだと思います。

この政治理念・政治哲学を基に、
「生活を支える政治」
という言葉を市議会で強く訴え、政治活動の指針として政策の実現を強く求めています。

基本は、
初心を忘れず、信念を突き進む
です。


PS.地方政治・市政に引き続き全力で取り組みます。

「改革一新。」ブログランキングにご協力を。
FC2ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報へ人気ブログランキングへ

| 2010政治を語る | 09:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

至誠通天

おはようございます、山崎智之です。

「至誠通天」(しせいてんにつうず)という言葉をご存知でしょうか。

孟子の言葉ですが、維新の三傑である西郷隆盛先生が好んだ言葉でもあります。
「まごころを持って事に対応すれば、成就する。」

議員として活動させていただき、
自らの思い上がり、誤った過信との戦いでもありました。

パフォーマンスに走らず、

安易な迎合をせず、

ひたすら地道に。


「至誠通天」の精神をいまこそ明確に。

| 2010政治を語る | 04:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TPP?

こんにちは、山崎智之です。

“TPP”についてご存知ですか。
リン酸トリフェニルriphenyl hoshate)のことではなく、
環太平洋戦略的経済連携協定rans-acific Strategic Economic artnership Agreement)のことです。

1
簡単に言えば、太平洋周辺の国々が工業・農業に関わらず協定を締結した国家間の関税を撤廃し、貿易を自由化するものです。

日本は輸出大国ですから、関税を撤廃することで輸出の活性化につながり国内経済の向上につながる可能性があります。
一方で、コメなどの農作物を関税無く輸入することで国内農業は国際競争に巻き込まれ、第1次産業の衰退や自給率が低下する可能性があります。

これは国家安全保障の観点からも国政の皆さんには協定締結の是非をしっかり議論をしていただきたいと思います。


PS.ドミノピザ「自給250万円」でアルバイトを募集中とのこと。

| 2010政治を語る | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事業仕分けの結果

おはようございます、山崎智之です。

昨年の政権交代によって公開で開催されることになった「事業仕分け」
いままでは財務省が各省庁の担当者と事務レベルの折衝で実施されていました。

それはそれでいいのですが。。。

直轄国道の維持管理

政府の事業仕分けや国土交通省の事業仕分けでは
「パトロール業務」「公益法人の1社応札」が問題だと指摘され
予算縮減されたはずです。

その結果、なぜか国道の舗装改修等の事業が要望しても
「予算が縮減されたため」なかなか実施されないという、本末転倒な事態が発生しています。
1
(歩道も車道もガッタガタ。段差による振動で地域の皆さんは夜も眠れず。。。)

地方の国道は生活道路

その前提が全てです。

| 2010政治を語る | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT