FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金沢の兄妹に会いに行く

山崎です。

昨日は午前中地元へのあいさつ回り、午後から新春の集いに出席するためJRで金沢へ。

まだまだ勉強が必要な私ですが、同じ方向を向く政治理念・哲学を共有する皆さんといろいろな話をさせていただき、また選挙の際にお世話になった皆さんともお会いすることができたいへん有意義でした。

他の自治体議員の皆さんとの連携は重要です。
選挙に出馬を決意したときも、今までの常識ではまず「山崎は活動期間が短く厳しい」と認識され、今も続けている街頭活動も「意味が無い」と言われながらも皆さんの支えで市政に送っていただき、「七尾の常識」を変える第一歩を踏み出すことができました。市内外を問わず、いろんな意見を伺って吸収していきます。

その後、選挙でもお世話になった高校の先輩と片町へ、

甘いものが好きな私はナチュールへ。
ナチュール(素敵な店員さんたちが待っています)
七尾でも時間が空いたらふらっとケーキを食べに行くことがよくあり、肥満に注意しなければ…。

珠洲出身の方がされているお店へ行き、しばらくするとお客さんが見えられてふと紙袋をみると「ナチュール」
お客さんとお店の皆さん(画像ぶれました)

その後、スクランブル交差点そばの兄が経営している店に行くと結婚式の2次会で席がいっぱい。お店の皆さんも忙しそうで少しして店を出て妹に会いに行く。

妹は双子で、選挙では姉のほうが選挙カーに乗ったり、一緒に自転車で回ったりしてもらい、一番下の妹が事務全般を対応してもらいました。
走る候補者(←走る妹)

金沢は私がいた福岡や大阪とはまた違う趣がある町です。
いっぽう七尾は金沢の二番煎じであってはならないと思います。いわゆる「七尾らしさ」を基本に、今後に向けたグランドデザインをどのように打ち出していくのか、「総合計画」には表現できない町づくりも私たち市議会が実現していかなければなりません。
スポンサーサイト



| 5) ひとりごと@1期 | 05:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |