fc2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2023

『未来を創る』 45歳、地方議員の活動日記。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

道州制の疑問

大阪府の橋下徹知事や一部で言われている道州制
いろんな議論はありますが、道州制が実施されれば地方主権が達成されるという考えに「疑問」です。

道州制は都道府県を合併して「ミニ国家」をつくるだけではないでしょうか?
都道府県という広域自治体がさらに広範囲になった場合、地域や住民との接点をどこが行うのでしょう?

基礎自治体(市町村)への分権がまず最優先です。
上記のリンク先にも記載されていますがまず地方自治の根っこは基礎自治体です。

道州制を唱える一部首長の中には政令指定都市を含む基礎自治体の権限を「道州」へ移行することを主張しています。
地方主権の動きと逆の動きであり、容認できません。

国の権限・県の権限という壁があって市民の皆さんの要望がなかなか実現できないというフラストレーションもあります。

選挙公約「市民への提案にも基礎自治体への権限委譲を訴えています。
安易な道州制を議論する前に、「基礎自治体への権限委譲」が地域主権を実現する上で重要です。

今後もいろいろな勉強会を立ち上げに関わって議論を深めていきます。

| 4) ひとりごと@1期 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は全員協議会

おはようございます、山崎智之です。

明日10時から全員協議会が開催されます。

平成22年度予算案が内示されます。

今年度で「第1次行政改革プラン」が終了します。

行革プランの実施状況を議会で検証していかなければなりません。

引き続き厳しい財政状況であることは変わりませんが、深刻な七尾経済を下支えするために短期的な積極財政への転換を訴えていきます。

| 2) 政治活動@1期 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LSCボウリング大会

こんばんわ、山崎智之です。

今日はLSC(ライフ・サポートセンター)のボウリング大会。

ボウリング

ボウリング自体が久しぶり。言い訳しませんが上手くないです。

普段お世話になっている皆さんと同じレーン。

「ストライク!!!」
と思ったらファール、ファールの後にスペアなどチグハグな成績。皆さんにも差をつけられ…。

でも、
皆さんと楽しくできたのでよかったです。(^_^)
準備された皆さん方、お疲れ様でした。
表彰式
(表彰式)

| 3) 地域活動@1期 | 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

深層心理

(…閑話休題)

先日のブログでストーカー、DVについて書き込みましたが、「相手のことを思って」した行動が逆に「相手を傷つける」こともあります。

みなさんなら恋人にどちらを求めます?
束縛 or 放置
どっちも嫌です。

内容を変えて
大切にしてくれる or プライベートを尊重してくれる
…どっちもいい恋人ですね。

まったく違うようで実は中身が一緒な質問。
…ものは言いようですね。
人それぞれですが。

「女性・子どもの人権を守り、命を守る」地方政治でもまじめに取り組んでいかなければなりません。

| 4) ひとりごと@1期 | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

議会改革

こんばんわ、山崎智之です。

「議会基本条例」をご存知でしょうか?

議会運営の基本原則を定めた条例で現在全国の自治体で制定拡大の動きがあります。

議会については地方自治法や公職選挙法に規定されていますが、地域主権を実現する上で地方議会の質と権限の向上が重要です。

首長が地方のリーダーのように大手マスコミは宣伝していますが、
地方自治は「首長」「議会」がしっかり機能することで本来の運営ができます。

首長の力が強大で議会がチェック機能を果たさなければ、「夕張市」のように財政のチェックが行われず、いつの間にか財政再建団体(破産自治体)に転落してしまいます。

では、現状の地方議会でいいのか?問題点が無いということはありません!!

地方議会が自ら改革する必要があります。県内のみならず、全国各地の改革議会を参考にしていかなければならないのです。

先日も書き込みましたが、議会改革の進む先に議員定数の問題が出てくるのです。
安直な経費削減論はポピュリズム(大衆迎合)政治となり、「議会の弱体化」すなわち「首長の独裁化」を進めるだけであり、一部の首長や大手マスコミ以外にそういう論調は否定されつつあります。

大学時代に恩師から学びましたが、しっかりとマスコミ報道の本質を見極めていかなければならないと思います。

本質的な議会改革を皆さんと議論していきたいと思います。

私が感動した党派を超えた思いが溢れる演説です。




「バトンを渡しましたよ、タスキをつなぐようにしっかりと引継いでください。」
「外は雪です、ずいぶん痩せておられましたから寒くありませんか。」

心に響く演説を目指して今後も活動します。

| 2) 政治活動@1期 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT