FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

疑問

こんばんわ、山崎智之です。

先日の行政視察で議会改革について検証してきましたが、「改革派首長」と言われる方々の姿勢に疑問を感じます。

私が訴える「議会改革」は情報公開の徹底議会権限・政策機構の強化であるのに対し、いわゆる「改革派首長」の議会改革は議会権限の縮小による議会の「翼賛化」です。

大手マスコミを利用して作為的に情報を流して議会を「抵抗勢力」として演出し、議会vs首長の流れをつくる。
かつて世界各国でそういった独裁者が数多く存在しました。

「二重行政の解消」をうたいつつ市の権限を奪い、基礎自治体の消滅を図ろうとしている某首長。
「議会のボランティア化」を訴え、資金が豊富な議員しか当選できないようにして、「市民的価値観」を議会から追放しようとする某首長。

大手マスコミは「改革派」と彼らを持ち上げていますが、市民の目はそんなに甘くないと私は確信しています

私は七尾市のみならず、全国の地方議員と連携して議会改革をしていかなければならないと思いますが、真の議会改革はスピード感を持ちながらも市民目線で、ひとつひとつ地道に行っていくべきです。

石川県ではそのような首長は出現していないし、今後も出現しないように議会自らが改革を進めていかなければならないと強く思います。
スポンサーサイト



| 5) ひとりごと@1期 | 17:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |