FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

質疑応答

質疑応答の詳細についてですが、

1.入札・契約制度改革
Q、金沢市では国の基準に合わせて昨年最低制限価格を引き上げたが、品質向上・下請け企業支援のために今年4月に再引き上げを行った。七尾市でも導入すべきでは?
A.昨年引き上げたので、今引き上げるつもりは無い。入札制度は透明性・公平性の観点から現在の制度がいいと思う。

Q.最低制限価格の引き上げは透明性などの議論とは関係ない話だ。現在の制度になぜ固執するのか?
A.改革という意味がわからない。

Q.この8年間で約4割の土木建設企業が撤退している。「緊急事態」ではないか。
A.現在の制度内で「部分払い制度」の活用など、企業が利用しやすい方法を検討する。

Q.答弁された「部分払い制度」を昨年度利用した企業はゼロ。そんな制度をどう利用してもらうのか?
A.企業が利用しやすいようにしっかりと検討していかなければならない。


2.鉄道運営支援・道路整備、
駅前再開発の見直し

Q.行政がJR・のと鉄道の路線、駅舎を活用した支援策を具体化すべき。
A.財政的な支援はのと鉄道に行っている。JRの行政支援策については市役所横断的に検討していきたい。

Q.七尾駅前のロータリー広場は東側から進入できなくなった。改善すべきでは。
A.交通量の変化に合わせて検討していきたい。

Q.駅前交差点のスクランブル化を。
A.現状では考えていない。交通量の変化に合わせて警察と相談する。

Q.能登有料道路の4車線化を他の首長とともに、県へ求めるべき。
A.交通量の問題もある。ゆずりレーンの増設などを進めている。


3.企業誘致
Q.企業や生活をサポートするのは政治が果たすべき役目だ。
A.積極的に取り組んでいきたい。

Q.若者の定住促進、雇用創出のため、市民のための「公設娯楽施設」を誘致すべき。
A.JRAのウィンズなどについても検討していきたい。

Q.将来的な環境・経済波及効果を考えて大学の研究施設やいわゆる「ニッチ」産業を誘致せよ。
A.研究施設は市の企業誘致条例にも含まれている。積極的に誘致を呼びかけたい。

Q.養鶏場は計画内容うんぬんより、過去の経緯による不信感が強い。あらゆる改善をしても反対の場合、他の検討もすべきは?
A.他地域への移転は考えていない。環境安全に配慮した施設を求めていく。


4.リーダーシップ論
Q.企業支援・企業誘致にリーダーシップが見えない。指導者としてリーダーシップを果たすべき。
A.養鶏場誘致などリーダーシップを果たして進めていく。

Q.雇用を守るため企業支援は必要であり、
生活をサポートするのが政治だ。

A.。。。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |