FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

駆けずり回る

こんばんは、山崎智之です。

今日は朝から議会活動や、参議院選挙に向けて自転車で乗りまわっていました。

汗だくだく。ちょっとは痩せた気が。。。

明日は議会最終日、補正予算案や意見書、請願について採決があります。

合わせて特別委員会の設置など、議会機構について結論が出るので改めてご報告いたします。




お母さん、お誕生日おめでとうございます。
スポンサーサイト



| 5) ひとりごと@1期 | 19:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

総務企画常任委員会

おはようございます、山崎智之です。

昨日は総務企画常任委員会が開催されました。

補正予算案の歳入・歳出や職員の育休制度条例や辺地事業条例などに関する審議を行いました。
私は一般質問で未就学児施策について指摘しましたが、委員会では育休制度や補正予算案について多くの議論をいたしました。

さて、今回の補正予算案で大きな目玉は企業立地港湾整備です。

企業立地は、養鶏場計画に関する地下水調査と企業視察予算。
港湾整備は、コンテナ貨物の試行です。

とくに地下水調査については地域の企業不信が強い以上、行政の住民の意見を踏まえた客観的データが必要だと一般質問で訴えましたが、その観点から調査予算の計上は認められます。
しかし、調査業務については随意契約ではなく、入札で実施してもらいたかったので予算の減額が必要では?と予算修正も含めて行うつもりでした。

委員会審議では予算の組み替えについても議論がありましたが、住民のためにも「適切な調査」は必要という声が多く、入札実施と企業視察について付帯意見を追加することで合意しました。

また、養鶏場に関する請願については総務企画常任委員会で企業誘致についてまだ審議をはじめたばかりなので、昨年度まで議論を行っていた産業建設常任委員会の審議の聞き取りや、閉会中審議や企業・住民の意見調査を実施する必要を考えて「継続審議」が必要では?と話しましたが、却下され採決されました。

前回議会同様、本会議で請願の扱いについて採決をすることが決定しました。

私は「住民合意を求める」請願と考えていましたが、一般質問でこの請願を「建設反対」請願と結論づけた議論となりました。結果的に私の思いとは違う方向に向かってしまいました
一般質問、前回議会でも討論を住民の立場を考えて行いましたが、「雇用創出」を求める声が極めて高い事実もあります。

あくまで民間企業の問題となり、住民・企業の対話サポートをするものの議会は建設の決定権はまったくありません
今回の請願も前回不採択となった請願同様、一切の強制的権限はありません

地域・企業・行政がしっかりした対話をせず、議会を政争の場に利用するのであれば、強い決意を持って考えを改める必要があります。

| 3) 政治活動@1期 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |