FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

公開プレゼン

こんばんは、山崎智之です。

日曜日は市内各地で多くの行事が開催されました。

市役所では「公開プレゼンテーション」が開催されました。


何の?

昨年度から協働のまちづくり推進事業として、
「市民税の1%」を財源に市民グループ・団体のまちづくり活動を支援しようという制度です。

その第2次審査が、市役所において公開実施されたのです。

個別事例・詳細については申し上げませんが、
行政だけでなく、議会としても事業検証をしていく必要があります。

| 4) 地域活動@1期 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

袖ヶ江子ども会・ジュニアサマースクール

御祓川まつりの熱気が冷めやらぬ夜。とある学校の校舎跡
四季の丘

ここは穴水町の宿泊研修施設四季の丘

いつもお世話になっている袖ヶ江地区子ども会の
「ジュニアサマースクール」
が開催されました。

私はお祭り終了後に穴水町へ。
夜遅くにも関わらず、役員さんや保護者の皆さんが投光機を付けて待ってくださっていました。初日は海水浴があり、皆さん日焼け顔。

しばらくしてバタバタと一人、また一人と寝室へ。わたしも今朝早起きしていたからか瞼が閉じだして。。。ウツラウツラ。。。


翌朝
テント群
(早朝5時)

カブトムシの採集のためへ。
早朝散歩
(携帯電話に付いている歩行器のメーターが既に5千歩)

しかし、なかなかカブトムシも慎重派。たくさん見つけることはできませんでした。
カブトムシ
(カブトムシを見つけた子の虫かごより)

保護者の皆さんで作っていただいた朝食の後、テントを撤去。
テント撤去

その後、農業体験へ出発。
いざ、出発!!
(眠い。。。)

と、その前にワイン工場(ニヤリ)
能登ワイン
しかし、よくよく考えなくても車を運転してきたので試飲を断念。
工場視察
(ワイン工程を伺う)

そしていよいよ体験農園へ、じゃがいも採りにチャレンジ!!
じゃがいも
(採れるは採れるは。。。ザックザク)

汗もみんなビッショビショ。途中でシャツを着替え。
お昼前に皆戻って若干休憩。

お昼は私の大好物「カレーライス」。保護者の皆さんに感謝。

体育館で皆で寄せ書き。
寄せ書き

帰りのバスが来るまで、グラウンドでサッカー。
「大人」対「子ども」のガチンコ対決。
皆動きが早い。第1試合を飛ばしすぎて、第2試合前半で息が荒い。スイカを食べて体力回復。

後半戦、付いていくのがやっと。芝に横たわり空を見上げて深呼吸。
朦朧系

そのとき、車の音が。。。
!!
迎えのバスが到着(やった~)。試合を終了し体育館へ、閉会式に駆け込む。

閉会式でお世話になった皆さんに感謝の「ありがとうございます」
閉会式

そして公民館到着。。。館長さんがお待ちかね。
解散!!

この週末。地域の皆さんから力強い元気をいただきました。
感謝です!!


PS.この2日間の日焼けで肩と腕が痛い。日焼けクリームは必要です。

| 4) 地域活動@1期 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御祓川まつり

こんにちは、山崎智之です。

24日は御祓川まつり
御祓川前
(今日も真っ赤な郵便ポスト)

朝早く、神事が執り行われ祭りに使われる竹を切り取りました。
竹取の儀
切り落とす
(ザザーッ!!)

その後、御祓川に戻り皆さんで準備へ。
準備
竹を
川の中心に
(川の中心に御神竹が、もうこの時点で腰が痛い。。。)

大払いの神事で用いる茅の輪(ちのわ)を作成。
茅の輪(ちのわ)
本部テントを皆さんと設置。
本部テント


御祓川まつりスタート
御祓川

豊年太鼓
(豊年太鼓で幕開け)

路上コンサートで盛り上がり、
路上コンサート

夕刻から、厳かな神事「御手洗の儀」「清水流しの儀」が、
御手洗の儀
清水流しの儀

その後、点灯式があり、多くのボランティアの皆さんにより御祓川周辺に灯りが。
灯り


そして夜となり。。。
夜の灯り

ステージには、一人語りや音楽グループなどのイベントで盛り上がり、
「燈篭流し」で御祓川のボルテージは最高潮に。
燈篭流し
私は本部で「茅の輪くぐり」や「燈篭流し」のお手伝い。

ステージでのイベントが全て終了し、ボランティアの皆さんと後片付け。
長い一日でしたが、皆さんと一緒に活動ができ感謝です。


PS.今日はその他にも市内各地で多くの行事が、全てには参加できませんでしたが皆さんに感謝です

| 4) 地域活動@1期 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪雨被害地域への市議会視察

おはようございます、山崎智之です。

今年は国勢調査が実施されます。市政にも影響がある調査です、ご協力をお願いします。
国勢調査ポスター
(中学生の国勢調査ポスター展、パトリアにて)


一昨日、市議会の産業建設常任委員会の委員さんが先日の
ゲリラ豪雨被害
を受けた熊渕地区を視察されました。

私は所属常任委員会が異なるのですが、被害状況を確認したく翌日に同じ会派の先輩議員から現場状況について伺いました。

先日も書き込みましたが、被害当日も行事を切り上げて現場や市役所で情報確認を行い、農林水産課から被害状況についてもレクチャーを受けました。また大谷川下流の水害対策要望を地元の皆さんと市長へ直接お願いしました。「危機管理への対応」が全てだからです。
非常に甚大な被害が生じています。個別の状況では数百万円の被害を受けた農家の方もいらっしゃいます。

政府・県と連携して農業補償や道路修復を早急に実施しなければなりません。
補償が不十分であるのならば、新たな災害基金の整備など一旦ゼロベースで災害対策を考えなければなりません。

| 5) ひとりごと@1期 | 06:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自治基本条例とは

こんにちは、山崎智之です。

暑い。。。
暑い市内
(御祓川大通りを自転車で。真っ赤なポスト。)


昨日少し書き込みましたが、現在七尾市では
「まちづくり基本条例(自治基本条例)」
の制定に取り組んでいます。
今後、「検討委員会」を設置して草案を作成していきます。

なぜ基本条例が必要なのか?

「自治基本条例」とは、地域のまちづくりについて「市民・行政・議会」の役割と責任を明確化や情報の共有など、市民参画を促してまちづくりの基本指針を示したものです。
平成13年、北海道のニセコ町のまちづくり基本条例制定をきっかけに全国で制定の流れが拡大していきました。数年前までは基本条例制定が自治体改革のトレンドのようになっていました。

しかし、そもそも条文が「地方自治法」の規定に準じているものも多く、他の条例を制定する場合、基本条例の規定を尊重しなければならないという「最高規範性」の法的根拠が全く無いなく、過激な政治的主張を持つ組織が濫用する危険性があるなど、基本条例の矛盾を指摘されたり、基本条例制定そのものに疑問を持つ方が多いのも事実です。

私は三月議会で検討委員会設置に関する予算(70万円)に賛成いたしました。
制定の是非も含めて「議論・検討」することは必要だからです。
また、政治不信が全国的に高まる中で、
「政治の責任を地方から明確にする」
ことは重要だからと判断したからです。

会派での行政視察や、常任委員会視察でも基本条例と政治のあり方について考える必要性から進めています。


PS.昨日の北國新聞・石川北版において、24日の御祓川まつりの記事とともに私がひっそりと写真掲載されていました。新聞記事で見切り写真にたまに写っていることがあります。

| 5) ひとりごと@1期 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT