FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

行政への要望

今日は午後から市役所で要望活動。
2
(要望項目の説明)

来年度予算に向けて
雇用・福祉・子育てなど各施策について要望。
1
(要望書の提出)

今後も市長に直接、または担当部長を通じて要望活動を行っていきます。

その後、執行部から6月議会の一般質問で行った提案(公事業の契約改革)について回答を受ける。
石川県などとの調整中の案件であるため、詳細については改めてご報告いたしますが、再質問で厳しく市長に発言した内容の実現がほぼ確定しました。

停滞した地域産業活性化のため大きな一歩となります。

「無駄の撲滅」は徹底して実現しなければなりませんが、
「過剰な支出削減」は市内経済をますます冷え込ませる要因となります。

議会を通じて必要な対策を次々と提案していきます。


PS.内容が伴わない「パフォーマンス」ではなく、市民生活を向上させる「地道な改革」をひたむきに実現していきます。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

選挙から1年

こんばんは、山崎智之です。

昨年の今日、七尾市議会議員選挙の投票日でした。

この1年、皆さんのご支援で全力で活動をすることができました。
右も左も分からない中駆け抜いてきました。


議会活動に関しては、
4年ぶりに新しい会派を結成しました。

全ての議会で質問をさせていただき、企業誘致に関しては委員長質問討論を行いました。
また先日の議会では禁止されている「再々質問」「答弁漏れの要求」という方法で挑戦いたしました。
さらには七尾港に関する意見書、国の事業仕分けに対する意見書を提出し、全会一致で可決しました。
現場主義を実現するために災害視察、改革自治体への調査研究などを実行してきました。

他自治体の改革派議員との政策グループに所属し、多くの政策勉強会にも参加してきました。

今後は議会提案条例の検討など、
「議会から政治を変革する」ため
地道に取り組んでいきます。


地域活動に関しては、
地区行事地域のお世話をさせていただき、皆さんとの交流や意見交換を行ってきました。
私は大掛かりな後援会行事などはできませんが、皆さんの懐に飛び込む普段のお付き合いの中で市政について皆さんと議論を行ってまいりました。

学校耐震河川改修企業誘致産業活性化など、中には批判を受けたり摩擦も生じましたが地域に密接した政策の実現に尽力をしてきました。

「政治は生活」という原点を忘れることなく、「地域主義」をひたすら貫いてまいります。


常に謙虚に、常に襟を正して、初心忘れべからずの精神で。今後とも全力で取り組んでいきます。

| 5) ひとりごと@1期 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |