FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

パンとサーカス

こんばんは、山崎智之です。

「パンとサーカス」という言葉をご存知でしょうか?
古代ローマ帝国の風刺詩人・ユウェナリスが述べた詞です。

歴代の皇帝は穀物の無償配給や、コロシアムで闘技会を定期的に開催しました。
『食糧配給(パン)』
→貧富格差の批判を反らす。
『娯楽開催(サーカス)』
→皇帝独裁体制の批判を反らす。

市民は「パンとサーカス」政策を賞賛し、
優先順位が高い政策への関心が薄くなっていき
為政者は他の政策について事実上の白紙委任を受けて議会の権限を剥奪し、
独裁体制を強化しました。

議会の抑制がなくなった結果、
 財政支出の拡大、
 国力の浪費、
 財政破綻、
 生活水準の低下、
 更なる貧富の拡大…


「パンとサーカス」政策は結果的に「市民生活の圧迫」に繋がるという、
ポピュリズムの典型例として挙げられます。


住民税減税都構想などに有権者は拍手喝采し、
議会を抵抗勢力とする劇場型政治はマスコミ等の注目を浴びています。

しかし、
減税の財源は明示されず
(違う形で増税の可能性…)
都発足で地方議員が数百人単位で増加します。
(東京特別区の区議定数:911、H19年時点)

山崎メモ⑦
(お久しぶりの山崎メモ)

パフォーマンス政治のツケは、

いったい誰が負うのでしょうか。



PS.いまこそ、議会自らが政治のリーダーシップを。

「改革一新。」ブログランキングにご協力を。

FC2ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



| 5) ひとりごと@1期 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |