FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お疲れさまでした、これからも

こんばんは、山崎智之です。

早朝。
1

ここは…?
2

羽咋市・南羽咋駅。
3

あっつい~。。。
なぜ、朝早くここに…。

数時間前。
4

七尾駅。
5
(UFO号)

宇宙飛行士の柴野さんと、
6
(hello!)

宇宙人の陽一さん
7
(ワレワレハ…)

がっちり握手。
8
(柴野さんと陽一さん)

それはさておき…
南羽咋駅から日頃お世話になっている車掌さんのラストランに乗車。
9

選挙への立候補を決意したときにいろいろとご相談をさせていただき、当選後も日に陰に支えていただいています。

ご家族や休日の駅員の皆さんも含め、七尾駅まで一緒に同乗。
駅から降りた瞬間、皆さん降りる降りる。
10

車掌最後の日を立ち会う人達でホームがごった返す。
11

12

13

そして有終の美を飾るイベントが始まる。
14
(ご家族から)

15
(職場の仲間のみなさんから)

16

大切な時間を共有させていただき、感謝


そのまま市役所へ。
17

総務企画常任副委員長として、石川議長・岡部常任委員長と部長説明を受ける。

役職上知り得た情報であるため、正式な公表を前にブログ上で内容をお伝えすることができません。
しかし、報告後の議長・委員長と意見交換しましたが、率直に
「職務に対する気の緩み、怠慢」
を厳しく指摘され、人事部署には人材育成の問題点を改善勧告されてもやむを得ないと思います。

この件については、また改めて。

その場では議会改革まちづくり基本条例についても話題に、
市民会議の議論や市民アンケートについて、
議案提出時に常任委員会で市民会議委員長など参考人として意見聴取の必要性を検討する。

会議録などを見ても、不勉強・認識不足に基づく感情論が見え隠れしましたので、常任委員会に来ていただいて、当然発言内容・議論の経緯について意見を聞かなければなりません

市民会議は「審議会」であり、議会議員の仕事の場ではありません。
私たちは議会という市民の皆さんから付託された場所で、あらゆる方法を用いた議論をしていかなければなりません。

市民参画を進めていくのであれば、
認識不足による感情論

安直なポピュリズム
徹底して排除しなければなりません。


市民会議から市長へ提言を受けましたので、
今後は条文案の策定作業に移行していきます。

求めてきた条例趣旨と異なる場合、
大幅な修正、場合によっては対案または廃案など、
議員という立場で議会の結論に幅広い選択肢を加えていく必要性があります。

政策の是非について最終的な判断を行うのは『政治』です。

意見交換後、韓国・金泉市の中学生を出迎えるために庁舎正面玄関へ。

国対国の関係では、多くの議論・摩擦が生じています。
しかし、地方・民間レベルの草の根交流に国政の議論を持ち出すことは賢明ではありません。


終了後、再びお世話になっている皆さんと。
慰労会に途中参加。
18

19
ご挨拶もさせていただき、今後とも私の政治活動をサポートいただくよう改めてお願いを。


感謝の心を忘れず。これからも宜しくお願いします。

FC2ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報へ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



| 4) 地域活動@1期 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |