FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

中間報告<2日目>

こんばんは、山崎智之です。

議会棟。
1

第一委員会室。
2

昨日に続き、
まちづくり基本条例(案)の中間報告。

住民投票制度について。
前日、様々な問題点の一部を指摘し、
「再検討が必要」という意見を確認しました。

あくまで
正副議長・総務企画正副委員長・行政改革委員に対する「説明」であり、
賛否を問う会議ではないので、それを踏まえて改めて報告を受ける。

NIMBY(Not In My Back Yard)など、特定の地区に限定した施策については住民投票の適用項目にならないという回答。

報告を終え、議長には
「どちらにしても、議案提出時には市民会議の委員長に全員協議会常任委員会で聴取しましょう。」
と述べ、同意を得る。


現在、憲法や法律で定めらている住民投票の実施について、
・特定の自治体に限定された特別法(憲法95条・地方自治法261条)
・地方議会の解散(地方自治法76条)
・地方議員の解職(地方自治法80条)
・首長の解職(地方自治法81条)
・合併協議会の設置(合併特例法4条)※ 2020年までの時限立法。

これらの住民投票は公職選挙法の規定を準用しており、
不正行為に対するチェック機能が働いています。
しかし、これ以外の住民投票に関しては、法律で規定されていないので
投票運動の不正行為を抑止する規制を条例化しても、法的拘束力はありません。

ちなみに条例の制定・廃止については
市長に対して請求はできますが、法律では住民投票による制定は認めておらず、
最終的には議会の議決が必要
です。

僕自身の思いは、民意を確認する方法である、法律に基づいた
住民投票については規定すべきです。



PS.これからも「責任ある改革」を訴えます。

FC2ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報へ。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |