FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2012年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

『議員報告』と『議会報告』

こんばんは、山崎智之(やまざきともゆき)です。

今日は午前中、企業訪問
そして事務所でデスクワーク

午後から郡町西部会館
お世話になっている「親友会」の皆さんの
学習講座に出席。

お題は
「中心市街地の災害避難対策」
1

冒頭で会長が、
総務企画常任副委員長・環境問題対策特別委員長としての活動を踏まえてお話を、ということで若干緊張…せずにいつも通り述べさせていただく。
2

東日本大震災・阪神大震災では、
いずれも60歳以上の方の被災死者の割合が6割、各年代(10歳ごと)別死者でも59歳以下の約4倍であるという統計を踏まえ、緊急時の「公助」による避難・救援は限界があり、「自助・共助」に基づく実践的避難の必要性を訴える。

<「自助」から「共助」、「公助」への階段>
【自助】個人→家族→【共助】隣近所→地域(自主防災組織)→【公助】地方自治体→国


したがって、日常の地域のつながりが重要と述べる。

皆さんからも、
「市役所に避難を『依存』し過ぎてもダメだ。自分でできることは自分でやらんとね。」と納得していただける声が。


市役所へ。
1
議会報告会について若手・中堅議員で意見が。
ある議員:「委員会審議報告を中心としたほうがいいな。」
山崎智之:「確かに。『広報ななお』や新聞報道、ケーブルテレビでの議会審議など重複している内容より、委員会審議など公開しているが『市民がわかりにくい』部分を具体的に報告すべきでしょうね。」
ある議員:「まあ、いずれにしても日程を全て終わってから、改善していこう。」
山崎智之:「そうですね。」


19:00より
能登島生涯学習総合センター。
議会報告会・2日目。
3

報告会後、引き続き運動会の打ち合わせがあるということで時間が30分短縮。
一昨日で会場の雰囲気が理解できたので、
時間短縮も兼ねて「ノー原稿・ノーマイク」で報告。

限られた時間の中で、
市民の皆さんからのご意見・質問をメモに。
市民の方:「委員会の審議報告は私たち、ケーブルテレビでも広報でもわからなかったので非常に勉強になった。」
と言っていただいて「ホッ」とすると、
市民の方:「総務の副委員長さんに伺いたいのですが、、、」
ザキヤマ:「よしキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

4

2日目にし初めて、私に対する質問。
1日目は他の議員に対するフォローだったので気合が入る。

財政再建について地域への助成削減などの懸念を尋ねられ、
山崎智之:「同じ懸念を持っています。現時点では行政から更なる削減案は提出されていないが、将来的なことも含め、議会でも厳しく議論をしていきます。」
と回答する。

新しい形の議会へ、まず一歩。


帰宅後、
ケータイ:「♪♪♫」

袖ケ江地区子ども会の役員さんから。
懇親会に出席。
5

行政に対する相談ごとも合わせて伺う。
山崎智之:「わかりました。事実関係を確認して明日連絡します。」

皆さんに感謝!


PS.全てに全力で。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“facebook”のページへ移動え。 “twitter”のページへ移動。 “mixi”のページへ移動。
改革一新。の理念を全国へ!ブログランキングUPにご協力を。
“FC2ブログランキング”へ移動。“にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報”へ移動。“人気ブログランキング”へ移動。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |