FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まず自分の目で!浜岡原子力発電所視察!!

こんばんは、山崎 智之(やまざき ともゆき)です。

静岡県・御前崎市。
浜岡原子力発電所

1

テレビ等で何度も報道されていますが、
政治に携わるものとして議会等で発言する以上、
やっぱり自分の目で確認することが何よりも責務です。

昨年は市議会会派「市民クラブ」の行政視察で玄海原子力発電所へ視察しましたが、
今回は県内の改革派政策集団の議員さん4名と共に参加。

最初に隣接する浜岡原子力館でレクチャー&意見交換。
2

1.原子力発電所の設備概要
「海上輸送の方式」「海水取水方式」について説明。

従業員数なども
通常運転時で2,600名程度(うち地元7割)
津波対策整備を進めている現在は約4,200名(うち地元4市・県内7割以上)

そして7年前運転開始した5号機。
最新式の改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)であり、志賀原子力発電所2号機と同型。

原子炉建屋の耐震上配慮については
福島第一と異なり、耐震性向上のため重心が低く底面を広くしたことで、基礎部分が強化される複合構造を採用。

2.津波対策
主要3項目・その他1項目について詳細を伺う。
(1)浸水防止対策・その1発電所敷地内の浸水対策
(2)浸水防止対策・その2建屋内浸水対策
(3)緊急時の対策冷却機能の確保
あと、外部電源の信頼性強化の対策です。

3.「巨大地震による震度・津波予測」に対する影響・対策について
(1)内閣府発表
・御前崎市で最大震度7
・御前崎市で最大津波高は21m

マスコミで繰り返し報道され、国民の関心も高い問題。

(2)影響
万が一冷却機能を喪失し、水位が低下したとき、
・原子炉における燃料頂部への到達時=最短6日(5号機)
・使用済み燃料貯蔵プールにおける燃料頂部への到達時=最短39日(4号機)

(3)対策
・発電所内高台に配備した可搬式動力ポンプによる注水
・水源は清水タンク・防火水槽・河川水・海水で動力ポンプと共に布設する消火ホースを活用して注水ラインを整備する。

質疑応答では、FBやメール、地域で意見交換したときに伺った内容についていくつか質問も行う。
3

館内を見学。原子炉や防波堤の等身大モデルなどを設置しており。
4


その後、工事内容など詳細を伺い、
現場視察。
ヘルメットをかぶり、発電所構内へ。

アメリカ同時多発テロ事件(911)以降、警備が厳重となり写真撮影は難しく。
しっかり目に焼き付けて。。。
5

防波堤工事の現場や水源確保工事の様子を
現場の最前線で確認する。

志賀原子力発電所と比較すると
高台に「大坪川ダム」を整備しており、水源確保は問題なく。
取水槽周辺にも標高15mの防潮堤を整備し、敷地内浸水を抑止徹底。

それでも水源の多様化や敷地内浸水時の対策も進めており、
客観的に取り組みを評価できました。

一部マスコミや市民運動グループがなぜ情報発信しないのか…。

いずれにしても、しっかりと安全対策に関する情報を共有し、
必要に応じて更なる安全対策を求めていくためにも、
現場視察意見交換継続的に行っていきたいと思います。


PS.政治の責任をまじめに地道に果たしていきます。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“facebook”のページへ移動え。 “twitter”のページへ移動。 “mixi”のページへ移動。
改革一新。の理念を全国へ!ブログランキングUPにご協力を。
“FC2ブログランキング”へ移動。“にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報”へ移動。“人気ブログランキング”へ移動。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |