FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『未来を創る』 42歳、地方議員の活動日記。

2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

議会運営委員会(2)議会改革が動き出す!!

前回の続き)

議会運営委員会。

6

前回20日の議会運営委員会で議題となった、
ベテラン議員のサイトでの記述について。

議長・議会運営委員長からそれぞれ報告があり、
サイトの記述について削除されたとの報告。

「事実ではない」記述を掲載し、議会を誹謗中傷したとのことで、
ベテラン議員が所属する、
議会会派「清友会」の代表から問題について陳謝が。

ただ、本人から今回の騒動の説明がないことから、
28日の全員協議会までに、更なる要請をすることで合意。

私が所属する議会会派「市民クラブ」として提案を。

議会基本条例を検討してきた、
「行財政改革推進特別委員会」
について、初期の役割を果たしたことから、見直しを求める。

今後、
・議員定数のあり方。
・議員報酬のあり方。
・政務活動費の検討。
・委員長活動費の創設。

など、総合的な議会改革を議論するため、
新たな協議機関・役割の見直しを。

侃侃諤諤の議論の末、
新たな委員の選任により、
議会改革を協議していくことで了承。
4
(議会改革の本格的スタートへ)

議会報告会について。

次回から、
議長常任委員会委員長を中心に、
全議員で実施していくことを了承。
3
(昨年11月の議会報告会の様子)

一般質問での
一問一答方式の導入について。

議場改修が伴うため、
新年度以降の実施を目指して協議を行なってきましたが、
議会運営委員会として三月議会以降から実施することで合意

議会事務局は、
議場改修や行政対応の準備不足等を理由に、難色を

しかし、
議会運営の最高意思決定機関である、
議会運営委員会の総意として押し切る。

最終的に
事務的な課題が残っていることは事実のため、
事務局に対応を一任。

「議会改革」に対する、
議会運営委員会の決意を強く示す。


PS.ポピュリズムではなく、市民に対して責任ある「議会改革」を突き進みます。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“facebook”のページへ移動え。 “twitter”のページへ移動。 “mixi”のページへ移動。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@1期 | 04:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |