FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

駅前周辺整備・活性化事業

こんばんは、山崎 智之(やまざき ともゆき)です。

福岡県直方市。
人口約58,000人。


議会研修調査

JR直方駅周辺整備事業
東西に伸びる2本の自由通路

(北側自由通路)


(南側自由通路)

初当選以来、所属する議会会派の共有政策のひとつが駅前周辺活性化

とくにJR七尾駅の南北自由通路整備が悲願。


しかし、利用者数の少なさを理由に国の補助対象にならず、市も整備に消極的。

南エリア中学校再編整備計画で七尾駅南地区がいま、注目が浴びるなかで地域も要望の声を。

そのような背景を踏まえ、視察調査を。

駅改札口には担当の直方市職員さんが待機され、現場説明を。


旧跨線橋を無償提供され、


耐震整備を。


エレベーターも整備。


北側自由通路も説明を受ける。


今月オープンしたばかりの駅前ロータリー広場


東西を2つの自由通路が繋ぎ、人・自転車の流れが変わる。


商店街。


視察日がたまたま多くの商店で定休日でありましたが、かつてに比べ、やはり衰退が著しく


レトロ地区として、明治大正の香り漂う文化的地域を。


直方市役所

(地元の英雄、魁皇関。現在は浅香山親方。)

詳細の研修。


総事業費26億、うち南側自由通路が8億。本来なら市事業でありますが、JR電気軌道を跨ぐため専門的工事が必要なため「協定工事」の形態で。。。かつての七尾駅南口構想と同じく。


国の街路整備事業として補助対象にのせるには駅利用者が5,000人/日以上必要。

七尾駅はJRのと鉄道合わせて2,000人/日に足らない。

ここからは知恵比べ。
当然、今後は国会議員さんや県議の皆さんにも相談を。

明日は、新年度予算内示。

ある意味で議員の通信簿
急ぎ、七尾へ戻ります


P.S.七尾駅に、人の流れを取り戻さなければ。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“facebook”のページへ移動え。 “twitter”のページへ移動。 “mixi”のページへ移動。 “Google+”のページへ移動。
スポンサーサイト



| 3) 政治活動@2期 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |