FC2ブログ

七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記2020

『地域と歩み、市民と歩む。』 42歳、地方議員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5月スタート!!

こんばんは、山崎智之(やまざき ともゆき)です。

4/29(祝)
昭和の日
朝4時半に起床し、
ワークパル七尾で会合に出席。

帰宅後、早朝のニュースで関越道で発生した
高速ツアーバス事故を知る。
山崎智之:「何でや!!」
死傷者の情報確認に追われる。

山建てで大地主神社へ。
1

2

筵山(むしろやま)が完成。
3


4/30(月)
振替休日
終日、資料整理。
4


5/1(火)
今日は年に一度の祭典に出席。
5
(大森玉木先生の像)

清掃作業を経て、愛宕山相撲場へ。
6

午後からお世話になっている組織の皆さんと昼食を取りながらご意見を伺う。


そして、七尾市議会
議会運営委員会(議運)が開催。
7
六月議会の日程について合意。

議会改革の一環として
「一問一答方式」
の導入について。
ある委員:「ええ、条例に記載されているとおり実施しますので、六月議会から。。。」
山崎智之:「ちょっと待ってください。」
委員長:「どうしました?」
山崎智之:「実施すべきだと思うけども。。。」
委員長:「はい。」
山崎智之:「実施要綱はないんですか?」
ある委員:「いや、それは各会派の行革委員から説明が。。。」
山崎智之:「成案はあるんですか?」
ある委員:「…。」
山崎智之:「『総括質問方式』との選択、質疑応答時間、議場の整備、カメラの位置、通告書の様式、反問権(市長の質問趣旨確認権…いわゆる『逆質問』)の詳細etc...」
ベテラン:「そう言われると何も決まっていないなぁ。」
山崎智之:「条例には『一問一答の方式で行うことができる。』としか書いていない。」
ベテラン:「60分の質問時間といっても、『質問20分・答弁40分』だったら結果的に質問権が制限されるのでは?」
委員長:「詳細を決めていかなければいけないので、六月議会実施は『見送り』ですね。」
山崎智之:「やむを得ないですね。」


そしてもう1件。市民団体からの
ガレキ処理に関する議員アンケート
について。
ある議員:「議会として取りまとめる必要性はあるのか?」
事務局長:「いいえ。」
山崎智之:「じゃあ、各々議員で対応したらいかがでしょうか?」
ベテラン:「異議なし。」


その他、事務連絡を確認して委員会終了。
議長:「山崎さん、ちょっと。」
山崎智之:「はい?」


議長室へ。

議長:「『一問一答方式』に反対か?」
山崎智之:「賛成です。」
副議長:「そうなんか?」
山崎智之:「ただ、何も決まっていないから指摘しただけです。」
副議長:「そうか。」
山崎智之:「質問方式の変更を『とりあえず試しに』ではちょっと…。」
議長:「一部の行革委員による『拙速な動き』ということか…。」
山崎智之:「失敗したら『元の方式に戻そう』なんて議論が出かねません。」
議長:「議会改革が後戻りしかねないな…。」


夜になり、筵山(むしろやま)
8


PS.いよいよです。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“facebook”のページへ移動え。 “twitter”のページへ移動。 “mixi”のページへ移動。
改革一新。の理念を全国へ!ブログランキングUPにご協力を。
“FC2ブログランキング”へ移動。“にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 七尾情報”へ移動。“人気ブログランキング”へ移動。
関連記事
スポンサーサイト



| 4) 地域活動@1期 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://yamazaki1978.blog38.fc2.com/tb.php/1036-b02bddfa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT