七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記

『地域と歩み、市民と歩む。』39歳、地方議員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わくわく…動物との…ふれあい…

□□□ やまざき智之・平成27年夏号(6月議会報告) □□□
夏号(6月議会報告)表夏号(6月議会報告)裏
(画像をクリックするとPDFでご覧できます。)

こんばんは、山崎 智之(やまざき ともゆき)です。

政府与党の政策部会。

不妊治療に関する民法特例法案を了承。

法案の具体的な内容は…

卵子提供。

第三者から卵子の提供を受け、妻が妊娠・出産した場合。

→妻が母親。

代理出産。

妻に代わって第三者が妊娠・出産した場合。

→妊娠・出産した第三者が母親。

精子提供。

夫の同意で、妻が第三者からの精子提供で妊娠・出産した場合。

→夫が父であることを否認できない。

…今国会で法制化を目指すとのこと。

不妊治療で出産した親子関係を明確にするためには必要な対策。

海外で代理出産した場合でも、妻との親子関係は認められず、あくまで関係構築には養子縁組が原則。

一方で、
卵子提供・代理出産を認める場合の条件や、子が出自を知る権利を定める法案の策定は先送り。

現実と法規の解離を埋める作業。
国会の役割は重要。

(この画像は…違うなぁ。)


袖ヶ江公民館。


ふるさと探検隊。



いしかわ動物園へ。


大人を含め、30人近い参加。


さあ、行ってみよう!

















ケータイ:「♪♪♪

山崎ともゆき:「はい?…はい
…はあ…明後日?…いや日程が重な…はあ…少しだけなら…はあ…時間…わかりました。」


ふう…どこでもドア欲しいな…。

山崎ともゆき:「もしもし…例の資料…はい…ファックスお願いします…。」









ケータイ:「ツーツーツー」

山崎ともゆき:「もしもし山崎です。何かありました…はあ…あーん…適切にですね…わかりました、お願いします。」









ケータイ:「ツーツーツー」

山崎ともゆき:「もしもし山崎です。少し聞きたいんですけど…はっは~…そう言うこと…いやだからですね…まあ、わかりました。」









ケータイ:「♪♪♪

山崎ともゆき:「はい…そりゃアレデスネ…わかりました…いま市外ですから…戻ったら行きますわ…少しストップしといてください。」

…何だろう、穏やかに動物とふれあえない





はい、動物大図鑑。

七尾市へ戻る。

急ぎ着替えて、市役所へ。






山崎ともゆき:「そうですわね…。詰めが甘くならないように調整しなきゃならんですね…。まあ、そん時は私が…はい。」





夕方、御祓川まつり実行委員会。



8月8日まで、もう少し。


P.S. このサイトは議員の活動日記です…念のため。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“山崎智之ウェブサイト”のページへ移動。
“facebook”のページへ移動。 “twitter”のページへ移動。 “Google+”のページへ移動。
関連記事
スポンサーサイト

| 2015地域活動 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamazaki1978.blog38.fc2.com/tb.php/1911-466f7096

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT