七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記

『地域と歩み、市民と歩む。』39歳、地方議員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

半島過疎化の打破を!!

□□□ やまざき智之・平成27年夏号(6月議会報告) □□□
夏号(6月議会報告)表夏号(6月議会報告)裏
(画像をクリックするとPDFでご覧できます。)

こんばんは、山崎 智之(やまざき ともゆき)です。

案の定、
大阪市長、大阪府知事が動き出す。

対決型政治、ポピュリズム。
対案を出さない不毛な国会議論。
世論調査重視政治の弊害。

やはり、
安保法制やエネルギー政策など、
政治信念であり、政策であり。

私自身、
かつては保守二大政党を夢見て活動してきましたが、市議会議員として6年。

市民の皆様と共に、市民と歩む、
『責任ある市民党的スタンス』を。

そこはぶれちゃいけない。


いやはや。


第39回能登五市議会議員研修会。



七尾、輪島、珠洲、羽咋、かほくの
市議会議員が一同に。


垣内議長が開会の挨拶を。


不嶋市長が開催地を代表し挨拶。


運輸・国土港湾政策の専門家である、
(財)国土計画協会顧問の今野修平先生。


『北陸新幹線金沢開通、能越自動車道七尾氷見道路開通後の能登半島振興施策について』

近代国家の成立から社会資本整備、またその都市化政策に取り残されたこと、市場認識の誤りによる半島過疎化の現状など。


とくに、今国会で改正された半島振興法の関連を伺いながら、国土政策について学ぶものが多く。


ケインズ理論を伺いながら、
久々に大学の講義を学んでいる感覚で…。


…研修会終了後。

議員さん:「どう思った?」

山崎ともゆき:「いや、やっぱり公共事業は必要ですよ。半島振興にはあらゆる施策を排除しちゃだめですよ。」

議員さん:「ふ~ん。」

山崎ともゆき:『国土の均衡ある発展』は必ずしも時代錯誤の考えではないと思いますけどね。」

議員さん:「なるほど。」

山崎ともゆき:「あの施設はダメ、こんな施設が欲しい、そんなことばかり言うてたら、能登半島には何も来なくなる。貪欲にタブーなく呼べるものは呼べばいいんですよ。



P.S. いずれまた、議会で訴えますよ。


山崎智之の活動はこちらでも。Mr.市政改革。
“山崎智之ウェブサイト”のページへ移動。
“facebook”のページへ移動。 “twitter”のページへ移動。 “Google+”のページへ移動。
関連記事
スポンサーサイト

| 2015議会活動 | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamazaki1978.blog38.fc2.com/tb.php/1927-ac89281d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT