七尾市議会議員 山崎 智之(やまざき ともゆき)の活動日記

『地域と歩み、市民と歩む。』39歳、地方議員の活動日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地道なる改革…議会質問!



“Mr.市政改革、山崎智之の最新情報”
30回目の一般質問!!



こんばんは、山崎 智之(やまざき ともゆき)です。

論戦スタート。

8日は代表質問。

4会派の代表が登壇。

そして9日から一般質問。

私は5人目。
論点は次の3点。

1、若年層の雇用対策。

<やまざきともゆき>
H16年度と比較して事業所、従業員数が減り続けている。
『職なきところに人は集まらず』
10~30代の青年層の七尾市における正規就職先の確保がますます厳しくなる中で行政の課題認識と現状における対策は?


<答弁>
就職希望の若者と雇用する企業のミスマッチにより廃業・高齢化・後継者不足による事業所減少、経済規模の縮小が課題であると認識している。
来年度から取り組むローカルベンチャー推進事業で若者が魅力を感じる事業の創出や創業してチャレンジしたくなる環境づくりに取り組む。

…ミスマッチ。。。

<やまざきともゆき>
雇用創出効果を高めるため、10~30代の若年従業員の資格取得や、就職に関して社会福祉の事業所負担額の一部公費助成を検討できないか?

<答弁>
スタートアップ事業については開業後の資格取得は補助対象では無いが、開業するまでに雇用した従業員の資格取得は経費対象と考えている。
小規模企業者への資格取得や社会保険等への経費助成は、事業者負担が適当であり、現在考えていない。
しかし、農業への就職支援に加え、七尾仏壇・田鶴浜建具の後継者育成について事業者と研修生に月五万円支給している。

………………地雷発火!!

<ザキヤマトモユキ>
伝統工芸だけじゃなく、例えばピアゴ撤退で食品を買いに行くのも遠くなり、うちの地元もそうだが、魚屋や八百屋さんなど普通のお店であっても後継者が不足している!!
幅広い産業に対して後継者確保をするため、政治がどうしていくかを考えて頂きたい!!!

…引き続き、この問題は次も


2、東部地区の産業振興策。

<やまざきともゆき>
幾度と議会で訴えてきた、外環状線・東ルートの事業化により、東部地区の工業、生産物流拠点機能の強化、地域定住の促進を進めていく中で、原則論として七尾港近隣における工業用地の確保が重要であると考えるが?

<答弁>
大田に2万2777平米の工業用地、水面下のポートセールスを行っている。
最近の企業立地の動向は初期投資を抑えようと空き工場や空き公共施設に注目する企業が増えている。総体的には産業が前へ行くようにと頑張っていきたい。

<やまざきともゆき>
大田工業用地や湊町都市再開発用地、いずれも県が整備して40年以上経つが、事実上塩漬けになっている未売却地がある。
県事業だからと任せるのではなく、県と協力連携して積極的に売り込むべきでは?


<答弁>
過去にも湊町都市開発用地に相談があり、紹介もしたが事業化には結び付いてない。今後とも県と連携しながら企業誘致に繋がるよう頑張っていきたい。

…確かに、なかなか難しい現実もそこにあるが、解決する道もそこにあると。


3、下水道接続普及対策。

<やまざきともゆき>
下水道接続率は全体で約81%、旧鹿北3地区は9割前後と高いが、旧七尾は約75%、和倉処理区の81%に対して七尾処理区は65%。この接続率の伸び悩みについてどう考えているのか?

<答弁>
費用の高額化による整備の長期化や、高齢化世帯が増えていることが考えられる。

<やまざきともゆき>
市民の高齢世帯化、核家族、独居化が拡大すれば、下水道接続を控える世帯が間違いなく増えていく。この問題に対する現在の対策は?

<答弁>
宅内工事や接続補助金、融資制度について各地で事業説明会を行い、高齢世帯など未加入世帯に対しては、戸別訪問を行い、加入のお願いをしている。

<やまざきともゆき>
先日も近所のオバチャン方と井戸端会議をしてたら、うちは子や孫が家に帰ってこないし工費も100万かかるから下水道つけないんやと。

その補助対象を見ると、いずれも供用開始から3年以内という期間制限があり、いま話したオバチャン達は自腹しか選択がない。昔ながら縦長の旧市街地ではやっぱり100万近く費用がかかる。

この補助制度は使い勝手が悪いし、資金融資にしても客観的になかなか利用は難しい。年金生活者や高齢世帯が増加していくなかでどうしていくのか、補助金制度を見直し、高齢者だけでなく新しく家を建てる若い人たちも利用しやすい、費用対効果がより高くなる制度を検討すべきでは?


<答弁>
県内の他自治体と比べてももっとも優れた、優遇された制度であり、見直しは考えてません。
訪問回数を増やすなど、接続率向上に向けて取り組んでいきたい。

…この質問の流れ、ストーリーとして、
ホップ、ステップ、肥やし落下』みたいな。。。

<ザキヤマ再質問>
今後の人工減少や下水道の維持管理コストを考慮した場合、例えば整備計画の見直しや合併浄化槽を軸とした代替案、水質汚濁の解消を最優先にした抜本的な対策を検討すべきでは?

<再答弁>
議員御発言の合併浄化槽での整備見直しに取り組んでいく。



P.S. 時間切れ。また次回こそ。


『山崎ともゆき』の最新活動をクリック!!

  ヤマザキトモユキ Website: http://yamazaki-tomoyuki.com
  ヤマザキトモユキ FB: http://www.facebook.com/tomoyuki.yamazaki1
  ヤマザキトモユキ Twitter: https://twitter.com/#!/Yamazaki_Tomo

『未来への希望 -責任ある政治-』
関連記事
スポンサーサイト

| 2017議会活動 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamazaki1978.blog38.fc2.com/tb.php/2285-89af975a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT